トップページ > 音楽ユニオンについて

日本音楽家ユニオン(略称:音楽ユニオン)


編集,文責/日本音楽家ユニオン中部地方本部運営委員会

 日本音楽家ユニオンは、音楽家の社会的経済的地位の向上、生音楽の振興と、音楽文化の発展のために活動を続けています。

 1983年10月に日本演奏家協会と日本音楽家労働組合の組織合同により発足した、音楽家の個人加盟による組織で、労働組合の法人格を有しています。

 全国本部と、その下に、全国を7つのブロックに分けて、それぞれに地方本部を置いています。中部地方本部は、その7つの地方本部の中のひとつです。




日本音楽家ユニオン綱領 <私たちの宣言>

 私たちは、音楽文化を向上させることと、音楽分野で働くすべての人々が、それにふさわしい仕事と暮しを得ることを目的として活動します。

 私たちは、すべての音楽家及び音楽にかかわる分野で働く人々との大きな統一を作り上げ、日本の音楽家を代表できる組織となることをめざします。

 私たちは、どのような政党、宗派、資本にもとらわれず、組織を全会員の総意にもとづいて民主的に運営します。

 私たちは、目的達成のために、内外のいろいろな団体や個人との協力関係を発展させます。

 私たちは、日本の音楽文化の発展のために欠くことのできない、平和で明るい社会の建設をめざして活動します。




会員構成

●クラシック分野では、日本全国のほぼすべてのオーケストラのメンバーと、指揮者、ソロ演奏家、フリーのクラシック演奏家など、約2000名。

●ジャズ、ポピュラー分野では、国内における主要なビッグバンド、ジャズグループ、ソロミュージシャン、フリーの奏者など、約2500名。

●その他の分野では、作曲家、編曲家、スタジオミュージシャン、ソロボーカリスト、ホテル、クラブミュージシャン、音楽大学、教育大学など教育関係者、音楽教室、自宅教師など指導講師、ほか、1800名。

●その他、写譜業、オーケストラ事務局員、その他音楽関係に従事する人々約200名。

会員総数/約6000名




国内加盟団体

 社団法人日本芸能実演家団体協議会(会長:野村 萬)

 日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)




全国本部

 NHK、民放、レコード協会などとの間で出演料の取り決めを行っているほか、オーケストラにおける労働条件の改善においても大きな成果をあげています。また、商業用レコードの二次使用料の増額にも取り組んでいます。

取り組み(1)  超党派の国会議員で組織する音楽議員連盟の協力を得て著作権、著作隣接権の保護の立場から著作権法第30条の改正や、貸レコード法の制定に努めました。

取り組み(2)  新国立劇場の建設および運営について政府に対して提言を行うなど、文化政策にも積極的に発言しています。加えて、文化立国をめざして「文化立国・文化省の設立を推進する会」の運動を、中核となって進めています。

取り組み(3)  国内の音楽家に対しては、機械的失業についての対策や生音楽の振興を目指す事業に取り組んでいるほか、会員のための福祉共済制度の充実などに取り組んでいます。

取り組み(4)  国際的には、61か国73団体が加盟する国際音楽家連盟 (FIM)に日本を代表する唯一の団体として加盟し、執行委員国として、国際条約の制定や、国際問題の解決などに大きな役割を果たしているほか、 国際芸術マスコミ放送映画芸能労連(ISETU/FISTAV)にも加盟しています。また、アメリカ音楽家連盟(AFM)、イギリス音楽家ユニオン(BMU)をはじめ、ハンガリー、オーストラリアの音楽家ユニオンと友好協定を結んでいます。


全国本部所在地

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎2F
Tel. 03-5909-3062 Fax. 03-5909-3063




中部地方本部

 日本音楽家ユニオン中部地方本部は、音楽ユニオンの全国7つの地方本部のなかのひとつで、愛知県、岐阜県、三重県、福井県、石川県、富山県、長野県南部、静岡県西部を管轄しています。

 管轄内には、オーケストラ・アンサンブル金沢、セントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団の4つの職場組織と、クラシックミュージシャンズ会議東海、ジャズ・ポピュラーミュージシャンズ会議東海の2つの職域組織があります。


中部地方本部の取り組み

 「ミュージックの日」として全国的に行われている「3・19コンサート」や、中部地方本部独自のシリーズ「サウンドロケーションコンサート」、小規模校を回る「あすなろコンサート」そのほかのコンサートの企画や実行をおこなっています。また、外部からの演奏依頼などに対して音楽家(会員)の紹介や斡旋、演奏会企画のお手伝いなどもおこなっています。

 音楽家の身体にかかわる講座(ボディマッピング体験講座など)の実施、「春のつどい」など福利厚生イベントの企画実行や、希望者への健康診断の斡旋をおこなっています。

 各職場組織の春闘などへの協力や、会員がかかわる労働問題などへの対応、さらに、マスコミなどへの働きかけや、機関紙やホームページなどによる会員や一般への広報活動をおこなっています。


中部地方本部所在地

〒462-0828 名古屋市北区東水切町2-18 ふなきプロ内
Tel. 052-982-2861 Fax. 020-4624-9728
E.mail:chubu@muj.or.jp




すべての音楽家はユニオンへ!!

 楽器を演奏したり指揮をして報酬を得ている人、楽譜を書いたり音楽製作で報酬を得ている人、レッスンをしたりバンド指導をして報酬を得ている人、さらにマネージャーや音楽事務所など、音楽にかかわる仕事をして報酬を得ている人は全員、音楽ユニオンに加入しましょう。


どうしてユニオンに加入する必要があるの?

 われわれ音楽家一人一人は、弱い存在です。音楽にかかわる仕事をしている人たちが住みよい世の中を作っていくために、私たち一人一人が携わる音楽家という職業が、この国の社会の中で確かな地位を得るために、また、音楽という大切な文化を守り発展させていくために、われわれはみんなで力を合わせる必要があるのです。みんなが生き生きと活動できる「音楽家社会」を創っていくために、弱い一人一人が集まって大きな組織をつくり、いろいろなところに働きかけたり、みんなの声や知恵を集めたりする必要があるのです。


でも、わたしはそんなにたくさん仕事をしているわけじゃないから…。
今、特に仕事で困っていることはないから…。

 いいえ。あなたがもし、楽器を演奏したり教えたり、楽譜を書いたり指揮をしたり…。そうやって、少しでも音楽の仕事をして報酬を得ているのなら、あなたはすでにもう「音楽家社会」の一員です。そして、そこに加わった一人一人は、「明日のこと」だけではなく、もっと大きな未来のことを考え、創っていかなければならないのです。音楽ユニオンに加入するということは、音楽家社会の一員としての自覚を持つ、つまり、音楽家としての自覚を持つということなのです。


音楽にかかわる仕事をしている人は全員、音楽ユニオンに加入しましょう!!




ユニオンに入ると…

■音楽ユニオン共済給付が受けられます(音楽ユニオン独自の自主共済)。
  • 傷病見舞 10,000円
  • 傷病療養給付 入院療養 1日 2,000円
  • 死亡弔慰 会員 50,000円(2009年11月1日以降)、配偶者 30,000円、実・父母子 10,000円
  • 結 婚 祝 10,000円
  • 子の出生 10,000円
  • 住宅災害(火災)全焼 120,000円、半壊 60,000円、一部消失・消防冠水 25,000円
  • 風水害(交通災害含)全壊 50,000円、半壊 30,000円、一部損壊 10,000円、床上浸水 10,000円
  • 廃業餞別 30,000円(継続在籍10年以上)

■音楽著作権使用料の減額が受けられます。
 公演の2週間前までにユニオンを通じて諸作物使用許諾申込をした場合、使用料の減額措置が受けられます。

■楽器保険に加入できます。
 ユニオンが損害保険会社と提携してつくった楽器保険です。別途保険料がかかります。

■ユニオン契約店(ヤマハ名古屋店、カワイなど)で楽譜の割引サービスが受けられます。

■ユニオンの「演奏家データベース」へ登録できます(任意)。また機関紙(全国版、地方本部版)が購読できます。

■しかし、もっとも大きなことは、音楽家社会を創っていく組織にあなたも加わるということです。




音楽ユニオンに加入するには…

加入申込書と加入金、初月分の会費を送ってください。それだけで加入することができます。加入金は3,000円、会費は1ヶ月2,000円です。

加入後は、地方本部を通じて全国本部と連携します。
加入申込書そのほか、詳しくは電話、メール、ファックスなどで地方本部までお問い合わせください。
ユニオンの入会申し込み書と資料請求フォームからも加入セットを請求できます。


北海道地方本部
(北海道)
Tel 03-5909-3062 Fax 03-5909-3063

東北地方本部
(青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島)
Tel&Fax 022-229-7310

関東地方本部
(栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、新潟、長野北部、山梨、静岡東部)
Tel 03-5909-3457 Fax 03-5909-3458 mail:kanto@muj.or.jp

中部地方本部
(愛知、岐阜、三重、福井、石川、富山、長野南部、静岡西部)
Tel 052-982-2861 Fax 020-4624-9728 mail:chubu@muj.or.jp

関西地方本部
(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)
Tel 06-6362-3128 Fax 06-6362-3127 mail:kansai@muj.or.jp

中四国地方本部
(岡山、鳥取、島根、広島、山口、香川 、愛媛、徳島、高知)
Tel&Fax 082-262-2070 mail:chu4koku@movie.ocn.ne.jp

九州地方本部
(福岡、佐賀、長崎、大分 、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)
Tel&Fax 050-3488-8760 mail:kyushu@muj.or.jp



日本音楽家ユニオンホームページ


「日本音楽家ユニオン中部地方本部通信」に戻る


−日本音楽家ユニオン中部地方本部−
〒462-0828 名古屋市北区東水切町2-18 ふなきプロ内
Tel. 052-982-2861 Fax. 020-4624-9728 E.mail:chubu@muj.or.jp